ハワイのオアフ島
高校3年生の春休みに家族でハワイのオアフ島へ行きました。
常夏の島と言われているのがよくわかる暖かくおだやかな気候で、北国から来たわたしはずっとここにいたいと何度思ったことかわかりません。

ハワイ王国の歴史に興味があったので、現地のオプショナルツアーに参加しました。イオラニ宮殿にも訪れましたが、豪華絢爛な内装や調度品がそのまま保存されており、当時のハワイ王国の栄華が伺えました。
食べたもので特に印象に残っているのはハンバーガー。日本のものからは想像もつかないほど大きくパティも分厚くジューシーで、本当に満足感を味わえました。

パラセイリングにも挑戦しました。ワイキキが一望できるほど高いところへ上がっていき、聞こえるのは風の音だけでした。飛ぶ前は少し怖かったですが、飛んでからはきれいな眺めを楽しむのに夢中になりあっという間の浮遊でした。
ワイキキを中心に動いていましたが、少し足を伸ばしてイルカウォッチングもしに行きました。昼は群れで遊んでいるイルカですが、船で近付いても慣れているのか飛び跳ねたり胸びれで水面をパシャパシャとしていたり、すごく癒されたひと時でした。

旅を通して感じたのは、日本語がわかる方の多いこと。海外に不慣れな方もなんなく目的を果たせます。
観光やショッピングやグルメなど、楽しみ方はそれぞれ。誰が行っても大満足できる場所、そこがハワイなんだと思います。